029

2022.09.06

Choose the best style of work

歯科医・モデル・クリエイティブディレクター / 加藤順子さん

People

私の働き方が、誰かの
選択肢のひとつになれば

Choose the best style of work

加藤順子さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.07 前編

加藤順子 / 歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

加藤順子 / 歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

愛知県名古屋市出身。2015年よりモデルとしての活動を本格的にスタート。歯科医師としての本職を持ちながらも、独自の感性やセンスが同世代の女性から人気。アパレルブランドとコラボレーションしたアイテムは瞬く間に完売してしまうという。クリエイティブディレクターとして様々なブランドとコラボレーションを行う。自身のクリエイティブ活動をより発展させるため2020年秋には独立をし、自身の会社の代表取締役も務める。インテリアにも詳しく、家の中の様子を切り取って投稿する美しい写真の数々もフォロワーに人気。その中に佇む加藤順子さんのしなやかな姿に、思わずうっとりする。
加藤順子さんのInstagramはこちら

私の働き方が、
誰かの選択肢のひとつになれば
歯科医・モデル・クリエイティブディレクター / 加藤順子さん

余分なものを取り除き、新たに何かを吸収する小さなアクションが、
よりよい未来を引き寄せてくれるかもしれません。
「除いて、与える」をテーマに、
しなやかなに生きる方たちをクローズアップするこの連載企画。
今回は、歯科医にモデル、クリエイティブディレクターの3軸で活動し、
才色兼備を体現する加藤順子さんが登場。
自分らしい働き方を見つけた加藤順子さんが歩む道は、どこまでも希望にあふれたものでした。

やりたいことは、ひとつに絞らなくていい

歯科医師とモデルという、まったく異質のフィールドを併せ持ち、
さらにはクリエイティブディレクターとしても唯一無二のプロダクトを生み出す加藤順子さん。
まずは、マルチに活動することになったきっかけからお話を伺いました。

ショートカットの綺麗な女性

「モデル活動をスタートさせたのは地元で学生をしていたときです。知り合いのフォトグラファーから、知人が東京でモデル事務所を開くので、やってみないかと声をかけていただいたのが始まり。その後国家試験に合格して研修医になって上京し、忙しさからモデル活動をセーブしていた時期もありましたが、自分にとってベストな働き方を考えて、歯科医とモデルの仕事を両立してやっていくことに決めたんです」

暮らし周りのアイテムやコスメ、ファッションアイテムなど、自信を持って“よい”と確信したものを人に勧めるのが好きであり、得意でもあったという加藤順子さん。

「もともと、“こんなものがあったらいいのに”だとか、“こうすればもっとステキになる”などと考えることが好きだったのですが、モデルの仕事をしていると、それをより強く思う場面に出くわすように。頭の中にあるものを形にしてみたくなって、マネージャーにも相談して、あるランジェリーブランドにプレゼンに行くことになったのですが、熱意を伝えると、ありがたいことに共同プロデュースさせていただくことになったんです。これを機会にクリエイティブディレクターとしても活動していくことになりました」

ハイブリッドな働き方の加藤順子さん

働く女性たちを勇気づけ、後押ししたい

加藤順子さんがハイブリッドな働き方を選んだのは、歯科業界で働く女性たちの背中を押したいという気持ちもありました。

「歯科医師業界のムードとして、開業して成功したいという人はとても多いけれど、私の場合はちょっと違う気がして。それ以外の働き方で、自分の人生を楽しくできたらいいなと思ったんです。技術職なので、感覚を忘れないように働き続ける必要はありますが、勤務医ならばどれくらいのペースで稼働するかは自分で選べるので、今はモデルやプロダクトの開発など、クリエイティブな活動に力を入れることができています。歯科業界は、まだまだ男性社会だと言われている中で、歯科医師や歯科衛生士など、歯科業界で働く女性たちの地位を確立するために何かできないかなとも思っていて、私を通していろんな働き方があるんだと感じてもらえたら嬉しいし、業界全体の認知度を高めていきたいと思っています。いつか歯科関連の事業もしていけたらいいなと思っているので、歯科業界に還元するためにも、今のものづくりの活動は続けていきたいと思っています」

インタビューに答える加藤順子さん

作業に優先順位をつけて、人の手を借りる

自らがマルチに活躍することで、歯科業界を盛り上げ、そこで働く女性たちの地位向上に貢献したいという目的を掲げる加藤順子さん。しかしながら、一からプロダクトを作り上げる作業は、簡単なことではなかったといいます。

「それまでものづくりを学んできたわけではないので、PCでデザインをするなどというスキルも不足していました。自分の内側で描いている理想を形にするためには、何でも自分でできるようにならなければと焦ってしまって。このままでは、一生作りたいものができないと悩んでいた時、友人が“できないことは、人に頼めばいんだよ”と言ってくれたんです」

白いドレスを着た加藤順子さん

自立心を強くするあまり、緊張状態が続いていた中、その言葉で、ふっと楽になれたのだそう。自分でできないことは、それが得意な人に頼めばいい。人を雇用し、連携しながら仕事をするスタイルを加藤順子さんは受け入れたのです。

「できたほうがいいことって無限にあるじゃないですか。英語も中国語もフランス語も話せた方がいいし、イラストレーターだって使えた方がいい。山ほどある “できたほうがいいこと”に優先順位をつけて、どれをお願いするかを決めることも大事だと気が付きました」

支えてくれる人がいることに、深く強く感謝して

自立した強い女性でいなければならないと思い込む気持ちを取り除いてみると、見える景色にも変化が。

「撮影に行っても、関わってくれるスタッフみんなが仕事としてここに集まってくれているんだということを改めて意識するようになりました。それって、当たり前のことじゃないんですよね。ものづくりにおいても、私にできないことをカバーしてくれている人たちが、大変な思いをしながら仕事をしてくれていることがよく分かり、誰かに感謝することが多くなりました。気持ちを表現するのは苦手な方だったけれど、コミュニケーションの中で、できるだけありがとうの気持ちを伝えるようにもなりました。そのくらい、ひとりでやらなくていいという答えは私にとって発見だったんです」と、加藤順子さん。

白いドレスを着た加藤順子さん

加藤順子さんがサポートを受け入れることで与えられたものは、心の余裕。そして、人と人との温かなつながり。また、ものづくりに対しての情熱も以前にも増して強いものに。

「ものを作るときは、利益を求めすぎないことがポリシーです。利益を生み出すことが一番の目的になってしまうと、なぜ作りたいかという軸がブレてしまって、いいものってできないと思うから。最初から利益を求めていたら、次に作るものに対しても、期待してもらえなかったと思うんです。関わってくれるひとがいるからこその自分であるということも、いつまでも忘れずにいたいです」

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Photographer : Mitsugu Uehara
Writer :Ai Watanabe
Editor : Yasuda Amane (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by