047

2023.01.20

Thoughts in chocolate

ショコラティエ / 狩野玲子さん

People

チョコレートを通して
伝えたいこと

Thoughts in chocolate

人生には理由がある
vol.11 ショコラティエ / 狩野玲子さん

狩野玲子 / ショコラティエ

狩野玲子 / ショコラティエ

ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て 30歳で渡加。2005年にカナダでローチョコレートに出会い、帰国後もその美味しさが忘れられず、ローチョコレートを作り始める。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。プライベートは双子をもつ、3児の母。

チョコレートを通して伝えたいこと
ショコラティエ / 狩野玲子さん

ショコラティエ・狩野玲子さんが作るのは、
原料のカカオ豆をローストしないローチョコレート。
カカオに含まれるたっぷりの栄養と酵素を
最大限に生かすローフード製法で作られるチョコは、
アンチエイジングや免疫力アップなど嬉しい効果がいっぱいです。
20代の頃、生きづらさを感じていた狩野玲子さんが
ローチョコレートを通して目指す
「女性が自由に生きられる寛容な社会」についてお話を伺いました。

YouTube

公式YouTubeチャンネルでは、インタビュー動画をご覧いただけます。

子どもの頃から海外で暮らしたいという夢を持っていた狩野玲子さん。
それと同時に「女性が自由に生きていくにはどうすればいいんだろう」と、ずっと考えていました。

必要なのは何があっても生き残れる力

家族は自動車関連の会社を経営する父親と専業主婦の母親、二人の姉と妹。
「姉や妹からは、“なんで玲子ちゃんは普通にできないの?”といつも言われていたんです。父は誰かに会社を継がせたいと思っていたようですが、誰も車に興味がなくて。だから私は父が納得して応援してくれるような仕事を見つけたいとずっと思っていたんです」

大学卒業後、アパレルメーカーの広報と出版社で活躍。いずれ海外へ行くことを決めていた狩野玲子さんは、翻訳の専門学校に通いながら仕事にも全力投球していました。

仕事もプライベートも充実した日々ながら、多忙で不規則な生活から20代で生活習慣病と診断されました。さらに出版不況により、狩野玲子さんを取り巻く状況は大きく変わっていきました。
「企画が通らなくなって、周りの人たちも一気に離れていきました。そのとき、どんなことがあっても生き残れる人にならないとダメだと思ったんです」

モザイクカルチャーという寛容な社会

このままだとダメだと思った狩野玲子さんは、海外に行くことを決意しました。当時30歳。ワーキングホリデーの年齢制限ギリギリでした。

渡航先となったカナダは「モザイクカルチャー」と呼ばれており、いろいろな色と形で形成されるモザイクガラスのように、多様な人種や文化を互いに尊重しながら暮らしています。 “人から認められるような仕事を見つけなければ”“30歳までには結婚しなきゃ”“子供も産まないと”など、さまざまなことに囚われていたという狩野玲子さんは、カナダに住み始めてすぐ、まるで憑き物が落ちたように解放されたといいます。

「何をそんなにこだわって、窮屈さを感じていたんだろうって。カナダではいろんな人が好きなように生きて、お互いの文化や価値観を認め合っている。そんな寛容さがとても居心地が良くて、自由になれた気がしました」

カナダでは自分の常識が相手の非常識。国が変わればこんなに違うんだとカルチャーショックを受けた狩野玲子さん。最初は戸惑うこともありましたが、受け入れて認め合った方が良い結果になることを学びました。相手に対して寛容になるということは、自分がされて嫌なことはしないということ。誰もがそのままの自分で生きることができる。カナダのそんな自由なところが本当に住みやすかったと狩野玲子さんは話します。

人生を変えるローチョコレートとの衝撃の出会い

生活面でも大きな変化がありました。20代の頃は仕事が忙しかったこともあって、不規則な生活をしていましたが、カナダではヨガスタジオに通い始めたことをきっかけに自分の体と向き合い、「食べたもので体は作られる」ことを意識し始めました。食生活は低温で調理したローフードやナッツ、野菜などを中心としたヘルシーなものにシフト。最初はベジタリアンの人を“ウサギみたい”と思っていたという狩野玲子さんですが、「やらないでジャッジするのは嫌。一度やってみて合わなければやめればいい」という信条からチャレンジすると、体の調子が良くなり、代謝もアップするなど良い変化がありました。

そんなときに出会ったのがローチョコレートでした。
「とにかくカカオの味をすごく感じて本当に衝撃的でした。元々、チョコは好きでしたが改めて“こんなに美味しいんだ!”って」

帰国してからも、その美味しさが忘れられなかった狩野玲子さんは、独学でローチョコレート作りをスタート。通っていたヨガスタジオで配ったところ、作り方を教えてほしいと頼まれ、ワークショップを開催することに。初回から30人以上が集まる大盛況となり、その後も話を聞いた人たちから、要望が後を絶たず、開催するたびにたくさんの人たちが集まりました。それまで「人から求められることがなければ、いつ死んでもいい」という気持ちがどこかであったという狩野玲子さんは、ワークショップを続けるうちに、人に求められて、それに応えることが生き甲斐や人生の目的に変わっていきました。
「最初からチョコレートをビジネスにしようと思ったわけではなく、要望に応えていくうちに自然とこの道に辿り着いたという感じなんです」

「仕事」と「子ども」の選択を迫られ、選んだのは

その後、結婚を経て菓子製造業許可を取得し、本格的にローチョコレートの製造販売事業を始めた狩野玲子さんは、アメリカで最先端の情報が集まるローフードイベントやドイツのオーガニック食品の展示会など、1歳の娘を夫に託し貪欲に技術や情報を求めて飛び回りました。

「日本のチョコレート関係の人たちには、“カカオを焙焼しないなんてチョコじゃないよ”って言われて仲間に入れてもらえなかったんですけど、海外にはちゃんとマーケットがあるのでそれを見に行きたかったんです。展示会では出店もしていないのに、自分が作ったローチョコレートをいろんな人に配ったら、“やっぱりハンドメイドはいいね”って言ってもらえて、背中を押された気持ちがしました」

工房を教室にし、ショコラティエ養成講座を開催しながら、ネット販売や百貨店の催事への出店など、事業が順調に回り出した2014年の11月、双子の妊娠が判明。妊娠初期となる年明けには百貨店のバレンタインイベントなども決定していました。子どものためには安静が一番。でも仕事も大切……。悩んだ挙句に、狩野玲子さんが出した結論は「どっちも」。夫の協力もあり、バレンタインを乗り越え無事に出産。翌年のバレンタインは乳児を背負って出店しました。
「双子の育児って本当に壮絶。でも人間やるって決めたら頑張れるんですよ。限界値を超えた感じもありましたけど(笑)」

ローチョコレートは「認められた自分」の象徴

ずっと姉妹の中で“なぜ普通にできないの?”と言われてきた狩野玲子さん。今では狩野玲子さんの作るチョコレートを心待ちにしている人がたくさんいます。
「求められているんだからマイノリティでもいいんだって思えるようになりました。ローチョコレートもチョコレート界ではまだまだマイノリティで、私にとっては自分自身を認めてもらえた象徴なんです」

また、狩野玲子さんのチョコレートは見た目の美しさも印象的。カラフルな着色は植物由来の厳選素材のみを使用し、デザインもすべて狩野玲子さん自身で行っています。
「たくさん色をつかっているのは、多様性を表現したかったから。結婚してもしなくても、子どもがいてもいなくても、どんな生き方でも“普通じゃない”なんてことはなくて、すべて受け入れてくれる寛容な社会になればいいなと思います。まだまだ多くの女性が“こうあるべき”という古い価値観の中で生きづらさを感じていると思うので、みんなそのままでいいんだよ、ということをチョコレートを通して伝えられたらいいですね」

REIKO KANO's Recommended items

狩野玲子さんのお気に入りアイテム

ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。
使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」という
ナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

「面倒くさがりなので普段のお手入れは、すごくシンプルです。今回、久しぶりにしっかりとスキンケアをして、やっぱりちゃんと手をかけたら肌は応えてくれるんだって感激してしまいました。食べ物や運動などには気を遣っているのですが、やはり年齢とともにスキンケアも強化しないといけないなと思っていた矢先だったので嬉しかったです。お気に入りはシートマスク。美容液が本当にヒタヒタですごく贅沢で。ほとんどケアをしていなかったので、砂漠に水が染み込むようにぐんぐん浸透していきました。」

A セルグレース クリーム ファンデーション
(化粧下地+ファンデーション) 30g
14,300円(税込)

B ディアーゼ WR ラインホールド マスク
(高保湿マスク) 30mLx8枚入り
6,600円(税込)

C ディアーゼ WR モイストクッション セラム
(美容液) 40mL
8,800円(税込)

D マジェスタ ローション Ⅰ
(保護化粧水) 180mL
8,250円(税込)

E マジェスタ コンク α (酵素アルカリ)
(ふきとり用化粧水) 180mL
8,250円(税込)

「時々通っているエステの方からも、“何かされました?”って聞かれたんですよ。わかるんですね、やっぱり。あと、ふきとり化粧水は人生で初めて。どうして化粧水が2本あるのか不思議だったんですけど、顔を洗ったはずなのに、コットンに汚れがついて、なぜ必要なのかがよく分かりました。今後も続けていきたいです。

セルグレースのファンデーションもすごくよかったです。カバー力はしっかりあるのに、艶感もあって、すごく嬉しいです。普段あまり真面目にファンデーションを塗らないので、良さを実感できました。スキンケアやメイクは自分に向き合う時間ですから、これからはもっと大切にしていきたいなと思います」

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :
Special Present!

Special Present!

ChocoRekoローチョコレート 糀ショコラ
抽選で10名様にプレゼント! 【応募期限:2023年2月20日】

チョコレコのローチョコレートはすべてスーパーフードのローカカオに糀の酵素を掛け合わせており、カカオの風味と糀の旨味をヘルシーに楽しめます。フレーバーは塩糀、アセロラオレンジ、アップルパイスパイス、ベリーブレンドなど。

プレゼントの応募はこちらから

応募規約はこちらから
※味は選べません
※離島や一部遠隔地においては、配達できない場合がございます

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by