041

2022.12.06

Ideal ethical life

ヨガインストラクター / 栗山遥さん

People

食生活から変えていく
理想のエシカルライフ

Ideal ethical life

栗山 遥さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.10 前編

栗山遥 / ヨガインストラクター・クリエイティブディレクター

栗山遥 / ヨガインストラクター・クリエイティブディレクター

1996年生まれ。学生時代にモデルとして活動する中でヨガに出会い、その奥深さに魅了されて資格を取得。マインドフルネスなヨガなどを伝えるべく、インストラクターの道を歩み始める。体を内側から美しく整え、心身の健康を維持することへの意識も高く、スリランカに赴いてアーユルヴェーダについても学びを深めるなどの経験も積む。また、ライフワークであるサーフィンを通して、海洋プラスチックによる環境汚染を目の当たりにしたことをきっかけに、持続可能な世界にするために自らができることと向き合い始める。その一環として自身のブランド「seed and soil」をローンチ。地球と人間にやさしく、本来あるべき自然のサイクルを守りたいという願いを込めたプロダクトを届けている。現在は海の近くに住み、サスティナブルでナチュラルな暮らしをSNSで発信。ヘルシーで、自然体の美しさが同世代の女性をはじめとした多く人々の共感を呼び、影響を与えている。
栗山遥さんのInstagramはこちら

食生活から変えていく
理想のエシカルライフ
ヨガインストラクター・クリエイティブディレクター / 栗山遥さん

海に山。つねに自然とともにある、サスティナブルな生き方に憧れを抱く人も多いはず。
今回、「除いて、与える」をテーマに、
自分らしくあるためのマインドを語っていただくのは、
ヨガインストラクター・クリエイティブディレクターとして活躍する栗山遥さん。
コロナ禍による時代の変化も手伝って、
栗山遥さんが選んだ海辺での暮らしは、まさに自然と繋がった日々。
心身を調整するだけでなく、正しく生きることを大命題とするヨガと、
自分と向き合うきっかけをくれたサーフィン。
自然と一体化する、心地のよい時間を過ごす先で見出した新たな食生活は、
栗山遥さんの生活を、さらに豊かにしてくれるものだったそう。

海に入って知った、今地球に起きていること

もともと食生活に強いこだわりを持っていたわけではなく、以前はごく普通にお肉も食べていたという栗山遥さん。しかしながら、ヨガに出会い、哲学も含めたその面白さのトリコに。常に体に良いことを考えているはずなのにどこか違和感があり、自分の心と選ぶ食べ物が、なんとなくマッチしていないのではないかという気持ちになることもあったそうです。

「今から3、4年前からサーフィンを始めたのですが、海に入るとプラスチックのゴミが浮いている光景が気になるようになったんです。台風のあとなどは、特にすごい量が流れついているのを自分の目で見たことが、環境問題を現実のものとして受け止めるきっかけになりました。それから自分に何ができるだろうかと学んでいくうち、お肉の大量消費が環境破壊に結びついていることを知ったんです」

ヨガやアーユルヴェーダにも通ずる“消化“力の向上

畜産業によって排出される温室効果ガスの量は、車や飛行機などの輸送方法よりも多いことや、家畜を飼育するため森林伐採をしていることに衝撃を受けたという栗山遥さん。

「地球にとって畜産は、負荷をかける一面があることを知りました。それならば個人でもできることとして、お肉を食べる量を減らしてもいいかなと思ったんです。そうしてお肉よりも、魚や豆などのタンパク質を中心に摂る食生活になり2年ほどが経ちますが、もともとそこまでお肉が好きというタイプではなかったので、自然な流れで食生活が変わっていきました」

食生活を変えたことによって体にも変化が生まれたのだとか。

「私はスリランカでアーユルヴェーダについて学んだことがあるのですが、ヨガやアーユルヴェーダなどの健康法において“消化”はとても重要視されています。環境問題のために何かしたいと思って食生活を変えましたが、魚や大豆、野菜を中心にした食事で、体が軽くなったのを実感しています。これまで消化に使っていたエネルギーが、体全体に巡っているような感覚で、とても元気になったんです。便秘とも無縁に過ごせていて、お腹の調子が悪くなることもまずありません」

意思をもって選ぶことが 食生活のレベルを底上げする

栗山遥さんにとって魚や大豆、野菜中心の食生活にするという選択は、体の調子がよくなっただけに留まらず、食べるということの大切さをより深く痛感するきっかけにもなりました。

「食事は自分の体を作るもの。だから食べ物の背景に何があるか知った上で食品を選ぶということは、食べることの意味にしっかりと向き合うことになるので、食生活の質をあげてくれると思うんです。大切なのは、自分にとって何が良いことなのか、知ろうとすることなのではないでしょうか」

消費するものがどこからきて、今こうして目の前にあるのか知ること。そういった意識は、エシカルな暮らしの第一歩になります。

「野菜の消費量が増えたので、どこで野菜を買うのかにこだわったり、なるべく季節の野菜を摂るようにしようなどと気にするようになったんです。家の近くには無農薬野菜の直売所があるのでよく利用しますし、野菜の他お米などもちゃんと選んで買うようになり、良い意味で自分の食生活に責任を持てているような気がするんです」

自分のペースで少しずつ。そして、継続していくこと

自分の食生活を見つめ直したとき、何かを変えようと思っても全員がうまくシフトできるとは限りません。栗山遥さんは、無理してまで食生活を変えることは、かえって自分の体を大事にできていないと考えます。

「ゼロか100かで考えないことも自分の食生活を豊かなものにするコツなのではないでしょうか。“ミートフリーマンデー”と言って、週に1度月曜だけお肉を食べるのをやめようという運動があるんです。週にたった一回だけで、地球に貢献できるとは思えないという方もいるかもしれないけれど、そんなことはありません。このような一人ひとりの小さな一歩が、地球環境を変えていくのだと思います」

環境問題へ貢献する方法は、さまざまな選択肢がある。食生活のシフトに限らず、個々が無理なく始められることを見つけて、チャレンジしてみてはと栗山遥さんは話します。

そして、小さなアクションでも、継続していくということが大切だと語ります。

「続けていくことが自分にも地球にもやさしいエシカルライフなのではないでしょうか。継続という意味でいうと、ヨガも同じなんです」

栗山遥さんがヨガを指導する上で、生徒からよく“どうしたらこのポーズができるようになるか”や、“どうしたら体が柔らかくなるか”などと質問されることも多いそう。そんなとき、栗山遥さんはこう答えています。

「ヨガって続けないと何も変わらないんです。クラスを受けたその直後は、晴れやかな気分になり体もほぐれる感覚があるけれど、少し時間がたてばまた体は硬く戻ってしまうし、ずっと心地よい気分でいられるわけではありません。すべては積み重なり。少しずつ、無理せずに前を見て歩いて行く。ヨガも、環境問題への取り組みも、すべては継続なのだと思います」

自分にマッチしない食生活を「除く」ことで、地球にも自分にもやさしいヘルシーライフを「与え」られた。

自分のマインドと重なる食生活は、プラスのエネルギーを作り出し、命の輝きを強くするものだと教えてくれた栗山遥さん。後編では、栗山遥さんがヨガインストラクターと両立しながら手がける自身のブランド「seed and soil」についてや、栗山遥さんの生き方に影響を及ぼすことに手放したある思考についてお届けします。

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Photographer : Sayuri Murooka(SIGNO)

Writer:Ai Watanabe
Editor : Ayano Homma ,Amane Yasuda (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)
Assistant Director : Sara Fujioka (FLAP,inc.)

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by