046

2023.01.17

Have confidence in yourself

モデル / 中島沙希さん

People

与えられたものは
私が私を信じる力

Have confidence in yourself

中島沙希さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.11 前編

中島沙希 / モデル

中島沙希 / モデル

福岡県出身。スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。友人のモデル・ソニアから環境問題について教わる中で、“もしも自分の選択が少しでも未来をよくするのなら”というコンセプトのもと、自分にも地球にもやさしくなれる、サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。2022年には「EF.」として初めてのイベント「ECO FRIENDLY MARCÉ」も開催。2022年の6月には、自身が所属するモデル事務所「TOMORROW TOKYO」が運営するフリースペース「Experiment」のプロデュースも始めるなど表現の場を広げマルチに活動。アートや読書、ドラマ鑑賞など多数の趣味を持つことや、思慮深く、哲学的な思考も注目され、さまざまな媒体で生き方について語る場も増え、反響を呼んでいる。
中島沙希さんのInstagramはこちら

与えられたものは
私が私を信じる力
モデル / 中島沙希さん

「除いて、与える」をテーマに、自由なマインドで生きる人々の胸の内をフォーカス。
軽やかに、ありのままの自分であるためのヒントを探すインタビュー。
言葉は、人を惹きつける引力がある。
そんな風に思わせてくれたのはモデルの中島沙希さんから発せられるフィロソフィー。
彼女が除いたものは
意外にも“人と比べていた過去”。
持って生まれた特別な存在感で表舞台に立つ彼女が
自分を信じる力を得るまでのストーリーとは。

自分という存在のあり方について考え始めた子供の頃

スラリとしたプロポーションに、印象的な瞳。まぶしいオーラに包まれた中島沙希さんは、モデルになるべくしてなった美貌の持ち主であるものの、幼少期には容姿にコンプレックスを持っていたそう。
「背が高いことと離れた目を、自分ではあまり気に入っていない時期がありました。子供の頃からダンスを習っていたのですが、チームでシンメトリーに広がって踊るとき、背が高いとバランス的に後ろか端の配置になるんです。なので“一番前で踊れる子はいいな”って考えてしまったり」

中学3年になり進路を決める時期に入ると、同級生たちが迷いなく学校を選択していく様子を見て“私だけ何もない”と感じてしまったことも。
「同級生のみんなは、明確な夢を持っていて“将来こうなりたいからここへ進学する”という道筋を自分でしっかり立てていたんですよね。そんなこともきっかけになって、この状況を打破しなければという気持ちが芽生えていました。新しい環境へ飛び込む高校進学というタイミングは、嫌だった自分から変われるチャンスだと思いました」

モデルという仕事を通して見えるようになったもの

高校生活はとにかく楽しく、充実していたと話す中島沙希さん。学校生活と両立しながら地元の福岡でモデル活動も始めることになるのですが、スカウトされたのは中島沙希さんにとって予想外の出来事だったそう。
「モデルになるなんて自分の人生の選択肢になかったから、最初はやる気がなかったんです。だけど、親友は“やってみなよ”と背中を押してくれて。あの言葉がなかったら今のわたしはいないですね。本当に感謝しています」

ダンスを続けてきた経験から、スポットライトを浴びることに抵抗はなかったし、表現することも中島沙希さんがもともと好きだったこと。
親友の助言を受け入れ、一歩踏み出したことが、表現者として注目されることとなる中島沙希さんの人生が大きく舵を切った瞬間でした。

「モデルになって気づいたことはたくさんあります。何人かのモデルと組みで撮影することもあるんですが、そんなときは全体のバランスを意識しています。ダンスを習っていたとき、私は後ろで踊ることが多かったけれど、あれはポジションごとに大事な役割があったんだということも理解でき、モデルのお仕事に活きています。コンプレックスだった容姿についても、母はいつも肯定してくれていたし、よく“よそはよそ、うちはうち”と言っていました。それって私がいつも母に、人のことばかり話していたからだと思うんです。母は“人がどうであれ、自分はどうか”ということをずっと問いかけてくれていたんですよね。モデルという仕事を通して、子供の頃の体験が、今に活きるヒントを与えてくれていたんだと分かりました」

表舞台に立つ責任感が自分を信じる力を育んだ

仲の良いヘアメイクさんからの印象に残っている言葉があります。
「カメラの前に送り出すときは“いってらっしゃい”と思うけれど、いざ行ってしまうと、“子供を送り出したような少し寂しい気持ちになる”って。そして、帰ってきたら“おかえり”ってほっとした気持ちになるというお話を伺いました。1枚の写真を撮るために、多くの人が関わっているけれど、表に出るのは私ひとり。私はいろんな人の思いを受け取って最後にそれを表現する役目なんだって思うんです」
最後にバトンを受け取っている、という責任感があるからこそ、中島沙希さんは、現場で話し合ってもクリアにならない部分があれば、貪欲にセッションすることをいとわないそう。

「そうやって自分の意見をしっかり伝えられるようになったのは、きっとモデルという仕事に出会い、自分を信じられるようになったからだと思うんです」

カルチャーの中に自分を高めるための足掛かりを探す

中島沙希さん自身のSNSでの発言や、モデル友達のソニアさんとエシカルな情報を発信するために立ち上げたプラットフォーム「EF.」なども、大切な表現の場。

そしてこの数年は、自分の考えをインタビューで話す機会が増えたという中島沙希さん。
「目標としていた雑誌にも出演することができて、 “中島沙希ってどんな人間なんだろう?”と興味を持ってくださる方が増えてきたタイミングで、次の目標として自分が思っていることを発信できたらなとは考えていたんです。なので今、すごく幸せです。」

ときに哲学的な中島沙希さんの言葉は、アートや本などからも影響を受けている。

「本やドラマのセリフなどで気になった言葉を携帯にメモするようにしているんです。友達から悩み相談を受けたときも自分の人生だけでは伝えきれないことも多く、“こんなセリフがあったよ”って心に残る作品の言葉を、気持ちが楽になるよう伝えることもあります。」

また、子供の頃から絵を描いたり何かを作ったりするのが好きだったという中島沙希さん。
「福岡から東京へオーディションを受けにいくときは、必ず美術館にも立ち寄るようにしていました。アートには言語化できない、心でしか受け取れない広がりがあるのがすばらしいところ。本を読むことも好きで、特に自己啓発本やエッセイなど、ノンフィクションが好き。その人の生き様をすみずみまで知ることができるから、本ってとても贅沢なものだと思うんですよね。綺麗な模様のレターセットが好きというのもあるけれど、贈り物にメッセージを添えたり、友人と文通するなど、温かな言葉のやりとりを交わす機会も絶やさないようにしています」

“人と比べない”ことで与えることができた“自分を信じる力”は、中島沙希さんの豊かな感性に彩られ、自分軸で生きる説得力のある言葉として多くの人に届いている。

後編では、哲学的な思考を持つ中島さん流の人との付き合い方についてたっぷりお話を聞かせていただきます。

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Photographer : Go Kakizaki

Writer:Ai Watanabe
Editor : Ayano Homma ,Marika Tamura (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)
Assistant Director : Mone Murata (FLAP,inc.)

Credit

CASCADES DRESS 70,400 yen / CFCL Inc.
POTTERY LUCENT CARDIGAN 59,400 yen / CFCL Inc.

Shop Info

CFCL Inc. support@cfcl.jp

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by