053

2023.03.07

Consideration for one another

モデル / 垣内彩未さん

People

かけがえのない人を
大切に思うこと

Consideration for one another

垣内彩未さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.13 前編

垣内彩未 / モデル

垣内彩未 / モデル

モデルとして数々の人気雑誌で活躍するほか、ドラマや舞台にも出演。プライベートでは2016年にフォトグラファーの夫と結婚し、夫が撮影した夫婦共作の写真集『I’m not lonely』(世界文化社)を出版。5歳の女の子と1歳の男の子をもつママでもある。昨年、友人の言葉をきっかけにYouTubeチャンネル『not lonely』を始動。編集など動画制作も自身で手がけ、ファッションやメイク、家族との過ごし方などをテーマに配信。親しみやすい内容と飾らないキャラクターが多くの人々の目に留まり、表現活動の幅を広げている。また、無類の洋服好き・ヴィンテージ好きとしても知られ、知人とともにファッションブランド『not lonely』を立ち上げ、普遍的に価値が変わらないものづくりをテーマに、デザインからルックブックのディレクションを手掛けるなどマルチに活動。
垣内彩未さんのInstagramはこちら

かけがえのない人を
大切に思うこと
モデル / 垣内彩未さん

自分らしさを大切に生きている、あの人へ向けて
「除いて、与える」を題材に
やめることで得られたものについて語っていただくこの連載。
今回は、モデルであり、二児の母でもある垣内彩未さんが登場。
本業のモデルに加えて、
さまざまなクリエイティブ活動を繰り広げ、精力的に活動する彼女。
表舞台に立つ垣内彩未さんは、
自信に溢れ、華やかでまぶしい存在に見えるけれど、
実は自分をそう簡単には認めてあげることができない性格だと言います。
そんな自分の一面も受け入れて、上手につきあっていけるのは
周囲にいる人たちの支えがあるから。
そんな垣内彩未さんの心の中の風景を、言葉から映し出していきます。

座っている女性

表現したい気持ちが空回り。
自分に自信が持てなかった

幼い頃から芸能界に身を置いていた垣内彩未さん。仕事を優先することが当たり前の生活を何年も送り、多忙を極めた20代の頃は、休みが次いつあるのか分からないような時期もあったそう。結婚、出産を経てライフステージが変わり、ふと自分という存在を振り返ったとき、焦りを感じる瞬間が訪れたと話します。

「モデルの仕事は大好きで、やりがいも感じていたけれど、一方で、自分には何かが足りないと感じることもあったんです。学生時代も仕事をしていたので、部活などで何かに打ち込んだ経験もないし、これといった特技も趣味もない。自分てつまらない人間だな、と思ってしまって。私のことを、明るいとかポジティブとか言ってくださる方もいるのですが、実は自己肯定感が低いタイプなんです。これは大人になって気づいたこと。直したいと思っても、人格形成された今から軌道修正するのは、なかなか難しいですよね。意識的にポジティブな行動や思考に持っていくことはできるけれど、根が真面目なので、仕事においてもみんなが望んでいることを深掘りして“大丈夫だったかな”って気にしすぎてしまうし、友人同士で集まって団欒する時も“彼女、あまり喋っていなかったけど、何か傷つくことを言ってしまっていないかな”って気を揉むことも。周囲の反応に敏感になったり、自分への評価が低いことは必ずしも悪いわけではなく、人に気を配れるとなどというメリットもあるから、すべてを悲観するわけじゃないけれど“私は何もできてない。今の時代、もっと新しいことをして自分を表現していかなくちゃ、でも何からどう始めればいいんだろう?と悩んでいたんです」

スマートフォンを持っている女性

苦手だという思い込みを取り払い、
私を走らせてくれた友人たち

そんな風に、小さな悩みや焦りが浮かび上がって膨らんでいたコロナ禍、垣内彩未さんは、YouTubeチャンネルを開設することに。機械を触るのは大の苦手だったという垣内彩未さんにとってまさかのチャレンジに導いたのは、彼女の話す才能を見抜いた友人の強い後押しでした。

「私って、SNSの静止画だと、クールな印象で受け止められることも多いんです。友人は、本来の私らしさは動画の方が生きると思ってくれたみたいで。“喋るの得意でしょ?絶対YouTubeやりなさい!”って自信を持って勧めてくれるから、自分にそんなことできるのかな……?という不安も抱えつつも、行動してみることにしました」

想像もしていなかった展開。何も分からない状態から、その友人のアシストを受けて、カメラなど必要なものをすぐさま揃え、動画作りをスタートさせました。

カメラの前で笑う女性

「 “私が知ってることは一つ残らず全部教える。あなたはこだわりが強いから、編集も自分でやれるようになったほうがきっといいものが作れるはずだから覚えてね”って。何もできない私に、友人は自分が知りうるすべてのスキルを教えてくれて、動画作りも手伝ってくれました。そうして、3本目のアップを境にすべて自分で編集作業まで行えるようになりました。まさか自分でこんなことができるようになるなんて、友人には本当に感謝しているんです。私自身にすごいところはないのだけれど、本当に人には恵まれているんです」

カメラを覗いている女性
本を読む女性

信頼する夫の心からの言葉で、
自分のしていることに確信が持てた

新しい何かを始めたくて、表現の舞台として選んだYouTube。週に1本のペースでの配信は、垣内彩未さんの楽しみになっていきました。

「だけど、YouTubeを始めた頃、フォトグラファーである夫に褒めてもらえることはないだろうと思っていたんです。夫は職業柄、ものづくりにおいて審美眼を持っている人。アートなどのクリエイティブ活動に対してとても真摯に向き合っているんです。だからこそ、簡単に良いとは言ってもらえないんじゃないかって。そんな夫が“すごくいいよ”と評価してくれたことに、驚きと嬉しさがありました」

アートにおいて、ご夫婦は価値観が似ているからこそ、夫がくれた言葉にジンとしてしまった垣内彩未さん。

白い壁に寄りかかる女性

「夫はこうも話してくれました。私は、自分が何も生み出せていないと思い込んでいたけれど、“もう十分、やってるよ。頑張ってるよ”って」

それはクリエイティブの良し悪しについて、嘘をつかない人の言葉だからこそ、ストンと音を立てるように、垣内彩未さんの腑に落ちる言葉でした。

「手を差し伸べてくれた友人や夫のおかげで“私、頑張ってるな”という自信をつけることができた。そう意識も変わってきて、頑張っている自分をもっと大切にしてあげたいという、気持ちも芽生えるようになったんです」

帽子を被った女性

自分を大切にしてくれる人を、
私も大切に思う

垣内彩未さんには、今から3年前に始めたファッションブランド『not lonely』のディレクターという肩書きもあります。デザインや、イメージを伝えるルックブックのディレクションも行い、スタイリングなどの細部まですべて、自分のヴィジョンと世界観を詰め込んだ大切なブランド。これもまた、友人の手助けにより実現した夢でした。

「中学時代からヴィンテージショップに通いつめるほど服が好きで、当初からオンリーワンのものを身につけることに喜びを感じていました。服は着るほど劣化していくものだけれど、それを経年変化としてとらえ、普遍的なものとしての価値を持つ服が作りたかったんです。あるとき、その夢をアパレルをやっている友人に話したら“だったら一緒にやろうよ!”と乗ってきてくれて。気軽に話したことだったのに、私のやりたいことに共感してくれた友人がいてくれたからこそ、『not lonely』は誕生したんです。撮影は夫がしてくれているのですが、彼もまた、やりたいことに共感してくれていて。本当に私は、人に恵まれていると思うんです」

ベッドの上に座っている女性

道が開けていくのは、自分の力ではなく、自分の周囲にいてくれる人たちのおかげだと重ねて話してくれた垣内彩未さん。すべての人間関係のベースには、ひとりひとりに対する深い感謝の気持ちがありました。

「自分を大切にしてくれる人のことを私も大切にしていきたいと強く思っています。世の中にはいろんな人がいるから、全部の人間関係をうまく回していこう、なんて思わなくていい。気にしやすい性格から、価値観が合わない人と上手に話せなくて、反省してしまうこともあったけれど、本当に繋がっていたい人のことを、全力で大事にできればよいと思うんです。そんな人たちと素晴らしいことをシェアしていく生き方をしていきたいなって」

青い服を着た笑顔の女性

自分の努力を自身では認められない気持ちを除き、新たな表現の場を与えてくれたのは
本物の愛と思いやりで繋がった友人や家族との絆。

それが、垣内彩未さんの、「除いて、与えた」もの。

後編では、垣内彩未さんが愛してやまない家族のストーリーを軸にお届けします。

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Photographer : Yui Fujii

Writer:Ai Watanabe
Editor : Ayano Homma ,Amane Yasuda (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)
Assistant Director : Mone Murata(FLAP,inc.)

Recent people

  • 松本千登世さん

    2024.01.20 update

    エディター・ライター

    松本千登世さん

    1964年生まれ、鳥取県出身のエディター・ライター。神戸女学院大学を卒業後、航空会社、広告代理店、出版社勤務を経てフリーに。女性誌を中心に美容のあり方や生き方について執筆する。

    美容に魅了される松本千登世さんの生き方

  • 裏地桂子さん

    2023.12.20 update

    ギフトコンシェルジュ

    裏地桂子さん

    ギフトコンシェルジュ、文筆家、草月流師範。女性誌のライターとして活躍後、雑誌や企画展などの商品セレクション、ショップのプロデュースなどを手がけ、企業の顧問アドバイザーも務める。

    裏地桂子さんが美しく歳を重ねている理由とは

  • ただひとつのローズガーデン

    2023.11.20 update

    「一本一本のバラ」と向き合う

    ただひとつのローズガーデン

    ナリス化粧品 生産管理部 鎌田さんと研究開発部 上田さんのインタビューを通して、ナリス化粧品の製品に使用されているバラを育てる際のポイントや、ローズガーデンで働く方々の想いについてご紹介しています。

    ナリス ローズガーデンの秘密

  • 木村綾子さん

    2023.10.20 update

    COTOGOTOBOOKS 店主

    木村綾子さん

    オンライン書店「COTOGOTOBOOKS(コトゴトブックス)」の運営や、選書、執筆、企画などフリーランスで活動。明治大学政治経済学部卒業後、中央大学大学院で太宰治を研究。文学修士課程修了。

    木村綾子さんが語る読書の時間への想い

Recommended Articles

Recommended Item

  • ギュテさん オススメ

    美容クリエイター・メイクアップアーティスト

    ギュテさん オススメ

    透明感のある肌をお持ちのギュテさんに、スキンケアへのこだわりを伺ってみると、皮脂が多く気をつけないと毛穴が黒ずんでしまうのがお悩みとのこと。そんなギュテさんがピックアップしたのがセルグレースのデュプレ クリーム。

  • 天真みちるさん オススメ

    宝塚OG・エンターテイナー・脚本家

    天真みちるさん オススメ

    ブリーチやカラーを繰り返しており、髪の毛のダメージが気になると語る天真さん。薬用エクメールのスキャルプシャンプーを気に入っていただけました。

  • スタッフ愛用 夏におすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用 夏におすすめのアイテム

    オーラルケアも美容のひとつ!ナリスの隠れ人気アイテム。化粧品会社としての目線で研究し、開発した歯磨き粉が「アパサイエンス」です。

  • 本島彩帆里さん オススメ

    ダイエット美容家

    本島彩帆里さん オススメ

    使い心地のやさしさに人一倍こだわりを持つ本島彩帆里さんお気に入り3アイテム。「モイスチャー バスエッセンスは年代や性別をこえて好き嫌いのない香り。乳白色のお湯がやわらかく、息子も気持ちよく使えました。」

  • 琉水亭はなびさん オススメ

    英語落語家・ラジオパーソナリティー

    琉水亭はなびさん オススメ

    「たくさんお気に入りがありました!」と楽しそうにお話しくださったは琉水亭はなびさん。まずはセルグレース スキンヴェール デイセラム。「美容液みたいなつけ心地ですごくいい!伸びが良くてつけた感じも軽くて、もうこれはリピート決定!」

  • 垣内彩未さん オススメ

    モデル

    垣内彩未さん オススメ

    ナリス 薬用 ピュアーチェリップケア スティックは、家にお篭りする日にも重宝。「これは香りを感じないから、食事するときにも影響せず、とても使いやすいです」

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    手軽にケアできるので、ずぼらな方にもおすすめのアイテム。10分ほどマスクを付けていても密着感が高く、はがれにくいので、『ながら美容』のお供です。

  • 小谷実由さん オススメ

    モデル

    小谷実由さん オススメ

    美しさにも磨きをかけることも“休息”のひとつであると語る小谷さん。ゆっくりしたひとときを過ごすのにピッタリなアイテムをご紹介。

  • 成田美穂さん オススメ

    ナリス化粧品 執行役員 研究開発部 フェロー

    成田美穂さん オススメ

    成田さんが研究開発チームの一員として開発したセルグレース。クリームはオレンジ色のクリームと乳白色のクリームの二層式になっていて、納得のいくできあがりになったと思います。

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by

close