042

2022.12.13

Harmony of mind and body

ヘアアーティスト / MIHO EMORIさん

People

心と身体を調和させて
自分を整えていく

Harmony of mind and body

My inner beauty tips
vol.03 ヘアアーティスト / MIHO EMORIさん

MIHO EMORI / ヘアアーティスト

長野県長野市出身。都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。その後、イギリスに渡り、アシスタント期間を経てイギリスでフリーランスとして活動。帰国後はKiKi inc.kiki,に所属。『FIGARO japon』『SPUR』『ELLE japon』『GINZA』などの女性誌や、「sacai」「UNIQLO」「DANSKIN」などファッションブランドの広告などを手掛ける。
MIHO EMORIさんのInstagramはこちら

キレイを表現するクリエイターさんの仕事観を紐解く全3回の本連載、
最終回となる今回のゲストはヘアアーティストのMIHO EMORIさん。
ファッション誌やアパレルブランドの広告などを中心に活動しています。
そんなMIHO EMORIさんが大切にしている仕事観が「調和とバランス」。
各々が違う仕事をしながら新しいものを作り上げる。
だからからこそ、バランスをとりつつも個性を出すことを意識することが大切だと語ります。
今回、MIHO EMORIさんは撮影のディレクションと
モデル・Hiromi Andoさんのヘアスタイリングを担当。
「調和とバランス」を表現したMIHO EMORIさんの作品とともに、
仕事への思いや、大切にしている価値観をお届けします。
My inner beauty tips
vol.01 メイクアップアーティスト / ANNAさん
vol.02 スタイリスト / 讃井理絵子さん

憧れの雑誌の世界観…それを作る側にいきたい

MIHO EMORIさんがヘアアーティストになったきっかけ、それはファッション雑誌の世界観への憧れが大きく関係しています。
「10代の頃、たまに遊びに行く従兄弟のお姉ちゃんの部屋が私にとっては宝箱を開けたような空間だったんです。ファッション雑誌の切り抜きが壁に貼られていたり、当時ブームだったBETTY'S BLUEやSUPER LOVERSの洋服やルーズソックスが無造作に置かれていたり。田んぼと畑しかないような田舎暮らしをしていた私からすると、キラキラと輝く場所でしたね」

そして、そこにあったのが『CUTE』などのファッション誌。華やかなファッションに身をつつむおしゃれな写真をたくさん目にしたMIHO EMORIさんは、洗練された雑誌の世界観に感化され、漠然と雑誌の世界観を作る仕事をしたいと考えるようになりました。

憧れの雑誌の世界観、今それを振り返ってみると、特に興味をひかれていたのは、雑誌を華やかに彩る「写真」の数々。
「ファッションを魅力的に見せるためのストーリーがあり、登場人物や設定された空間があり、写真はその中の一瞬を切り取りとったもの。静止画なのに動きが見えたり、ストーリーを感じたり…1枚の静止した写真に大切な要素を詰め込んでいく表現方法に当時から興味を抱いていたのかもしれません」

微差から生まれる大きな変化が面白い

雑誌の世界観を作り上げるクリエイターさんは多種多様。その中でも、なぜヘアアーティストだったのか。それは人生の「流れ」に沿って選択されたものでした。
「もともとは洋服が好きだったのでスタイリストの道に進もうかと思っていたのですが、母親に“手に職“という意味で美容師をすすめられ、まずは美容師の道へ進みました」

しかし技術は身についたものの、ヘアサロンに勤務しているだけでは、雑誌の世界観を作る仕事への道は厳しいと判断して退職。その後、第一線で活躍しているヘアメイクさんのアシスタントに応募するもののなかなか採用されない日々が続いたそうです。そんな中、たまたまご縁があって、後に師匠となるヘアアーティストさんに就けることに。そこからMIHO EMORIさんのヘアアーティストとしてのキャリアが始まります。

順調にキャリアを積み重ねてきた今。ご自身の職業について改めてどう思うか聞いてみると
「改めて好きだなと感じますね。昔から自分のヘアを作ることよりも、人のヘアを作るのが大好きで、それは昔も今も変わっていません。そして、その中でもヘアはちょっと分け目を変えたり、前髪の長さを1ミリ変えるだけで、人の印象を大きく変化させるジャンルです。微差から生まれる大きな変化を楽しむことができるのがクリエーションの面白さなのかもしれません」

撮影現場において「調和とバランス」を大切にしている理由

少しの違いで印象を大きく変えてしまうからこそ、MIHO EMORIさんが撮影現場において大切にしているのが「調和とバランス」です。

「私達の仕事は、それぞれが異なる感覚を持って集まって、ひとつのものを作り上げることです。もちろんキレイなマルを作らなければダメというわけではないですが、いびつなものを作るにしても、バランス感覚や周囲との調和が大事です。周囲と息を合わせながら、自分の色を出しつつ、バランスをとっていくことで新しいものができあがるのではないでしょうか」

またこの「調和とバランス」は自分の心と身体の関係においても大切にしたいこと。
「日々の仕事に忙殺されていると、心や身体の声を無視してしまいがちです。『あれ、これって心からやりたかったことなんだっけ…』『身体は休みたいけど、頑張らなきゃ』みたいな。私はコロナが起こって家にいる時間が増え、自分自身と向き合う時間が多くなったことをきっかけに、身体と心の調和を重要視するようになったんです。身体がどう思っているか。心がどう思っているか。それを素直に受け止めたうえで次に進むというプロセスを大切にするようになってから仕事にも余裕が出てきたと思います」

MIHO EMORIさんにとって「調和とバランス」は、心と身体を調律させていくことだったり、仕事現場でものを作るためのものだったり、円滑な人間関係だったり…と広義で大切なこと。感覚的にとても大事にしているキーワードです。

自分と向き合うには芯の強さも必要

「調和とバランス」というタイトルのMIHO EMORIさんの作品。イメージとなっているのは、ベルギー出身のアーティスト・ミヒャエル・ボレマンスの肖像画「オートマト(I)」。暗くて静かな空間の中で壁と向き合っている女性がいて、その後ろ姿にはひとつに束ねた髪の毛が真っ直ぐと下に垂れ下がっています。

「テーマに沿って『動』ではなく『静』を表現しつつ、静けさの中にも『流れ』を出したかったんです。そして印象的な1本の髪の毛の束で表したかったのは芯の強さ。心と身体を調和させるために、自分と向き合うことは結構なパワーがいることです。なのでシュッと筋の通った強さを見せたかったんです。実際の撮影現場で見てみると、髪の毛を真っ直ぐ下に垂らすのではなく横にズラしたり、身体も真っ直ぐではなく、少し横に捻ったりすることでバランスをとることができました」

写真の色をモノクロにしたのは、静かな世界の中で自分と見つめう調和のイメージを出したかったから。そしてもうひとつ、髪の毛は構築的なイメージがあるので、そこに色味のバランスを取り入れると複雑になりすぎるからという理由です。髪の毛で「調和とバランス」を表現することはかなり難しかったと語るMIHO EMORIさんですが、最終的に大好きな作品に仕上がったそうです。

寝癖を直さず、活かしてみる

最後に、MIHO EMORIさんがプライベートで実践され ている簡単ヘアアレンジ術を教えていただきました。

「朝起きて寝癖ができていたら『直さなきゃ…』と思うのが普通ですが、よくよく見てみると、それが実はかわいいことってないですか?」とMIHO EMORIさん。寝癖は直す、ヘアアイロンを使って髪の毛をセットする。そんな前提を失くして、できてしまった寝癖を活かすことで、いつもとは違ったヘアアレンジを楽しむことができるといいます。

「私自身はショートヘアなので、毛先の動きがいい感じに出ていたりすることが多いのですが、その寝癖の部分にバームを少しつけて整えるだけ。簡単ですし、逆にヘアアイロンなどで人工的に作るのが難しい動きだったりするんですよね」

朝起きて鏡を見たときに「今日の寝癖かわいいな」と思ったらぜひ試してみてください。

今回使用したアイテムはこちら

ヴィータ スタイリングフレーム リキッドアイライナー
(ブラック) 1,980円(税込)
緊張感のある表情にしたかったので、今回は目尻に微細なラインが描けるヴィータ スタイリングフレーム リキッドアイライナー ブラックを使用しました。筆先がしなやかなので太さの強弱がつけやすいです。

過去の記事はこちらからご覧いただけます。

My inner beauty tips vol.01 メイクアップアーティスト / ANNAさん vol.02 スタイリスト / 讃井理絵子さん

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Model : Hiromi Ando(mille management inc.)
Photographer : Misuzu Otsuka
Writer: Ayano Sakamoto
Make-up : ANNA(S-14)
Hair: Miho Emori(KiKi inc.)
Stylist: Rieko Sanui
Editor: Marika Tamura、Ayano Homma (Roaster)
Director: Sayaka Maeda (FLAP,inc.)
Assistant Director: Mone Murata (FLAP,inc.)

Credit

Tops 29,999 yen / IIROT
Palm caff 82,000yen / RATHEL&WOLF(THE WALL SHOWROOM)
Pants / STYLIST'S OWN

Shop Info

THE WALL SHOWROOM 03-5774-4001

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by