011

2022.05.03

Move to my place

『BYOKA』デザイナー / 松田陽子さん

People

自分らしくいられる
場所へ移住

Move to my place

松田陽子さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.02 後編

松田陽子 / ジュエリーデザイナー

松田陽子 / ジュエリーデザイナー

石川県金沢市出身。ミニマルで洗練されたデザインで人気を博している、松田陽子さん、三田正規さんの2人からなるハンドメイドシルバージュエリーブランド『BYOKA』のデザイナーとして活躍。ブランドのシーズンごとの方向性や、ビジュアルイメージなどのブランディングも行っている。Instagramの世界観も洗練されており、そのしなやかな姿に女性のファン多数。2022年に東京から軽井沢への移住し、仕事と両立しながら自分の時間を大切にした日々を過ごしている。厳選されたこだわりのインテリアも、SNSでも紹介されている。
松田陽子さんのInstagramはこちら

自分らしくいられる場所へ移住
『BYOKA』デザイナー / 松田陽子さん

身の回りの余分なものを除いてみると、生活がより豊かになることがあります。
自分自身を改めて見つめ直すことで、それまで気づかなかった大切なモノやコトを得ることができます。
「除いて、与える」をテーマにさまざまな職種の人にインタビューする連載企画。
この一年で環境の変化とともに、生活スタイルを切り替えた
ジュエリーブランド『BYOKA』のデザイナー松田陽子さん。
現在は東京で暮らしていますが、
東京での生活に限界を感じ今年の5月に軽井沢へ移住することにしました。
松田陽子さんが語る 除いたことで、生まれる余白 前編はこちらから

白い服を着た松田陽子さん

憧れだった軽井沢へ移住を決意

「東京で理想とするライフスタイルを送るのには限界があるなと感じたんです。ジュエリーブランド『BYOKA』を始めてから今の住まいに引っ越してきたのですが、手狭になってきたというか……。本当は住居兼ギャラリーが持てたらと考えていたので、その生活を実現させるためには東京では難しいなという結論になったんです。

東京での生活も好きですが、理想とする生活とは違うので、少なからず我慢をしながら暮らしているという状態が続いている。東京はなんでもありますが、決して便利というわけではないな、と。このスタジオみたいなゆとりある空間で暮らして、気軽にブランドの撮影もしたいと考えていたので」と、松田陽子さんは言います。

「軽井沢ならではの高クオリティの生活を送りたい」と語る松田陽子さん

軽井沢ならではの高クオリティの生活を送りたい

松田陽子さんは、軽井沢以外にも移住先を色々と検討していたのだとか。話を聞いてみると、軽井沢に決めたのにはさまざまな理由がありました。

「ブランドのギャラリー、アトリエを持つとなると集客のことを考えたとき、東京近郊がベストだと思いました。ただ、集客がメインではないのと、打ち合わせ等の利便性などを考えたときに東京との距離感も程よい軽井沢に決めました。

それに生活のクオリティは下げたくないと思ったのも大きいです。住みにくかったり、スーパーにあまり品揃えがなかったり……軽井沢には満足度の高いお店が多いのも決め手でした」

白いドレスの女性

「あとは感覚的な話になるのですが、ゆっくりお茶をするとかそういうのは東京でも出来ると思うのですが、景色のいいところでするのとはまた違った時間の使い方になるじゃないですか? 本当に感覚なのですが。
あと東京で生活していくなかで必要なものだけではなく、不要なものも見えてきたんです。実は、本当に必要なものってそれほど多くないのかなって。そこで大事だと思ったのが空間だったんです」

ちょうどコロナもあって移住する人も増えている中、松田陽子さんは数年前から東京以外で暮らすことを考えていたのだとか。

「なんか流行りに乗っかった人みたいになってしまうんですが、コロナが騒がれる前から軽井沢に物件を見に行ったりしていて。探し始めていたときに緊急事態宣言が出てしまい、ようやくかたちになりそうで本当に嬉しいです」

「大切なのは自分に素直でいること」と語る松田陽子さん

大切なのは自分に「素直」でいること

松田陽子さんのライフスタイルに憧れている読者も多いはず。生活をするうえで大切にしていることを聞いてみました。

「自分の気持ちに素直なのが一番ですね。やりたいこと、出来ることを、人目を気にし過ぎる事なく、順序立てて行動に移す事が大事なのかなと思います」

インタビューに答える松田陽子さん

「良い意味で向上心が強いのかな? 悪い意味で強欲なんです(笑)。やりたいことは全部したいですし、実際に実行しています。ちょっと違ったかな? ってこともあるんですけど、でも最後まで失敗を恐れずにやり遂げますね」


最後に松田陽子さんに、ナリスの美容理念である「除いて、与える」についても聞いてみました。

「除いて、与えるってつまり循環させるという意味もあるのかなと思います。循環ってお肌にもそうですけど、物理的にもとても大事なことだと思います。あとは精神的にも何かを捨てると楽になれることもあると思うので、とても素敵な理念だと思います」

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Staff

Photographer : Mitsugu Uehara
Writer : Yuko Watari
Editor : Haruyo Sugie (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)

People

日々の暮らしを少しだけ豊かにするヒントについて、素敵な方たちに語っていただきました。

  • 中島沙希さん

    モデル

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    ショコラティエ

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    杜氏

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recent people

  • 中島沙希さん

    2023.01.17 update

    モデル

    中島沙希さん

    スカウトをきっかけに高校時代からモデル活動を始める。2017年より活動の拠点を東京に移し、雑誌・広告・WEBメディアなどで活躍。サスティナブルな情報をシェアするプラットフォーム「EF.」を立ち上げる。

    中島沙希さんのマインドとは?

  • 狩野玲子さん

    2023.01.20 update

    ショコラティエ

    狩野玲子さん

    ChocoRekoオーナーショコラティエ。大学卒業後、アメリカのシューズブランドVansの広報やアウトドア雑誌の編集を経て30歳で渡加。2008年よりローチョコレート教室を開始。2012年よりChocoRekoオンラインショップオープン。

    狩野玲子さんのチョコレートを通して伝えたいこととは?

  • 吉田真子さん

    2022.12.20 update

    杜氏

    吉田真子さん

    福井県永平寺町の創業200年以上の歴史を持つ蔵元・吉田酒造有限会社で生まれる。2017年、最年少女性杜氏となり、現在は米・水・土にこだわり、100%地元産の米で全量純米の酒造りに取り組んでいる。

    吉田真子さんの酒蔵への想い

  • MIHO EMORIさん

    2022.12.13 update

    ヘアアーティスト

    MIHO EMORIさん

    都内のヘアサロン勤務後、GO UTSUGI氏に師事。イギリスに渡り、アシスタント期間を経てフリーランスとして活動。KiKi inc.kiki,所属。女性誌やファッションブランドの広告などを手掛ける。

    MIHO EMORIさんの大切にしている仕事観

Recommended Articles

Recommended Item

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by