017

2022.06.14

Throw away useless things

モデル / 比留川游さん

People

捨てることで、
価値観を見つめ直す

Throw away useless things

比留川游さんが語る
除いたことで、生まれる余白
vol.04 後編

比留川游 / モデル

比留川游 / モデル

神奈川県出身。16歳でモデルデビュー。ファッションやビューティーなど、数多くの雑誌や広告などで活躍。これまで数々の雑誌やファッションショー、CMに出演。2013年にはドラマ『かなたの子』(WOWOW)で女優デビューを果たし、2014年11月には『最後の命』(松本准平監督)で映画初出演。自然体の美しさが多くの女性たちの憧れの的に。恵まれたスタイルや美肌の持ち主であることも雑誌などのメディアでたびたび取り上げられ、自分が心地よいと感じることを前提に行うセルフ美容についても注目が集まる。ファッションも素敵で、スタイリッシュな洋服を着こなしている。趣味は、音楽、映画、旅行、陶芸。最近は、食事の数を減らして体調を整えるのがブームだそう。

捨てることで、価値観を見つめ直す
モデル / 比留川游さん

余分なものを取り除き、新たに何かを吸収する小さなアクションが、
よりよい未来を引き寄せてくれるかもしれません。
「除いて、与える」をテーマに、
しなやかなに生きる方たちをクローズアップするこの連載企画。
自分にとっての正解を判断するとき、
心地よいと感じる感覚を大切にしているモデルの比留川游(ヒルカワユウ)さんにインタビュー。
後編では、コロナ禍をきっかけに暮らしを見直したもうひとつのこと、
“心地よくいられる洋服の適量”ついてのエピソードを伺いました。
ものを減らすという行為もまた、心に余裕を与えてくれるものだったそうです。
比留川游さんが語る 除いたことで、
生まれる余白 前編はこちらから

窓の外を見つめる比留川游さん

あふれていると見えなくなる、本当に必要なもの

モデルという職業柄、どうしても増えていく洋服。クローゼットを開けばたくさんのアイテムがあるはずなのに、以前は合わせるものがないなと思うことも少なくなかったと、比留川游さん。

「“この服が着たいのに組み合わせるものがないから、また新しく買う”となることもしばしば。それに、長く着ることを意識せずに買い物をしていたと思います。もしかしたら使うかも?と思うと捨てられなかったり、1度も袖を通さないまま眠っている洋服も。コロナ禍になり家で過ごす時間が増えたとき、この時間をうまく活用するには何をすればよいだろう?と考えて、思い浮かんだのが持っている洋服の量を見直すことだったんです」

洋服を整理することで、自分の中でもあいまいになっていた価値観を見極めたいと思ったそうです。

「もの選びの価値観も明確になった」と語る比留川游さん。
「もの選びの価値観も明確になった」と語る比留川游さん。

捨てることで得られた「心の余裕」と「価値観の確立」

服の量を見直すにあたり、まずは、今までどれくらい着ていたかを軸に比留川游さんは考えたそうです。

「登場回数が少ないものは思い切って捨て、これから迎え入れる予定のアイテムとの組み合わせが想像しにくいものも手放しました。結局、段ボールの数は15箱分にもなり、クローゼットにあった2/3の量を処分することに。進めるほどに気持ちもすっきりしていき、余白ができた部屋の中にいたら、心にもゆとりができたことを感じました」

もの選びの価値観も明確になったそうです。

「洋服があふれていたときは、自分が何を持っているか把握できていなかったため、似たようなものを買ったり、着たい服を見つけ出すことができていませんでしたが、大好きだと思う洋服だけ残した結果、長く着たい服がどんなものか分かって、新たに服を買う時も“なんとなく”で選ぶことがなくなりました」

「長く愛せる洋服こそ、本当に欲しかったもの」と語る比留川游さん。

長く愛せる洋服こそ、本当に欲しかったもの

自分にとって必要な服の量が分かったことによって、洋服選びの基準を変えた比留川游さん。手元に残った一軍の洋服の共通点から、本当の自分は、心地よい素材のアイテムに心を寄せていることが見えてきました。

「1着1着にかけるお金は高くなっても、長く着ることができる、上質な素材のものがいいなと思ったんです。シルクが入ったなめらかな着心地のものや、冬なら温かいカシミヤ素材のものに惹かれます。インナーにこだわるようになったのも洋服を整理した後の変化。肌に直接触れるものだから、心地よいものを身につけたいんですよね」

洋服の量は減っても、「これはずっと好き」と思えるアイテムは躊躇することなく迎え入れるそうです。

「もともと大好きだったジャケットは手元に残りました。飽きることがない、必要な洋服と判断すれば、迷わず買っています」

無駄を削ぎ落とすことで、心地よく生きる比留川游さん

適量を知ることで始まった、丁寧な暮らし

もの選びの価値観が変わったことで、暮らし全般にまでよい影響を与えることになったそうです。

「洋服ブラシのセットを買ってメンテナンスするなど、手入れすることも含めて装うことが楽しくなりました。洋服以外の持ち物についてもそう。自分にとっての適量がわかるようになり、ゆとりをもった生活ができていることがうれしいです」

無駄を削ぎ落とすことで、心地よく生きる比留川游さんに、ナリス化粧品の美容理念「除いて、与える」ということについて、率直に思うことも尋ねてみました。

モデル・比留川游さん

「心や生活に余白を作ることと重なるのではないでしょうか。飽和していると新しいものを吸収できなくなるから、本当に求めているものを手に入れるために大切なこと。スペースを残すことで、自分にとって必要なものは何なのか、自然と分かるようになると思います」と、比留川游さんはおっしゃっていました。

ぜひ公式LINEのお友達登録をして、
新着インタビュー記事の通知をお受け取りください。

Follow us on :

Credit

Shirt 42,900yen,Pants 45,100yen/OWIL(RESERVOIR)
Knit bustier 30,800yen/FUMIE=TANAKA(DO-LE)
Earcuff(L)16,500yen,Ring 16,500yen/warmth LUMINE SHINJUKU
Earrings(R)17,600yen/NOMG

Shop Info:
RESERVOIR 03-6712-5812
DO-LE 03-4361-8240
warmth LUMINE SHINJUKU 070-4405-5705
NOMG Info@nomg.jp

Staff

Photographer : Mitsugu Uehara
Hair&Make-up:Mikako Kikuchi(TRON)
Stylist:Mari Tsujimura
Writer : Ai Watanabe
Editor : Haruyo Sugie (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)

Recent people

  • 松本千登世さん

    2024.01.20 update

    エディター・ライター

    松本千登世さん

    1964年生まれ、鳥取県出身のエディター・ライター。神戸女学院大学を卒業後、航空会社、広告代理店、出版社勤務を経てフリーに。女性誌を中心に美容のあり方や生き方について執筆する。

    美容に魅了される松本千登世さんの生き方

  • 裏地桂子さん

    2023.12.20 update

    ギフトコンシェルジュ

    裏地桂子さん

    ギフトコンシェルジュ、文筆家、草月流師範。女性誌のライターとして活躍後、雑誌や企画展などの商品セレクション、ショップのプロデュースなどを手がけ、企業の顧問アドバイザーも務める。

    裏地桂子さんが美しく歳を重ねている理由とは

  • ただひとつのローズガーデン

    2023.11.20 update

    「一本一本のバラ」と向き合う

    ただひとつのローズガーデン

    ナリス化粧品 生産管理部 鎌田さんと研究開発部 上田さんのインタビューを通して、ナリス化粧品の製品に使用されているバラを育てる際のポイントや、ローズガーデンで働く方々の想いについてご紹介しています。

    ナリス ローズガーデンの秘密

  • 木村綾子さん

    2023.10.20 update

    COTOGOTOBOOKS 店主

    木村綾子さん

    オンライン書店「COTOGOTOBOOKS(コトゴトブックス)」の運営や、選書、執筆、企画などフリーランスで活動。明治大学政治経済学部卒業後、中央大学大学院で太宰治を研究。文学修士課程修了。

    木村綾子さんが語る読書の時間への想い

Recommended Articles

Recommended Item

  • ギュテさん オススメ

    美容クリエイター・メイクアップアーティスト

    ギュテさん オススメ

    透明感のある肌をお持ちのギュテさんに、スキンケアへのこだわりを伺ってみると、皮脂が多く気をつけないと毛穴が黒ずんでしまうのがお悩みとのこと。そんなギュテさんがピックアップしたのがセルグレースのデュプレ クリーム。

  • 天真みちるさん オススメ

    宝塚OG・エンターテイナー・脚本家

    天真みちるさん オススメ

    ブリーチやカラーを繰り返しており、髪の毛のダメージが気になると語る天真さん。薬用エクメールのスキャルプシャンプーを気に入っていただけました。

  • スタッフ愛用 夏におすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用 夏におすすめのアイテム

    オーラルケアも美容のひとつ!ナリスの隠れ人気アイテム。化粧品会社としての目線で研究し、開発した歯磨き粉が「アパサイエンス」です。

  • 本島彩帆里さん オススメ

    ダイエット美容家

    本島彩帆里さん オススメ

    使い心地のやさしさに人一倍こだわりを持つ本島彩帆里さんお気に入り3アイテム。「モイスチャー バスエッセンスは年代や性別をこえて好き嫌いのない香り。乳白色のお湯がやわらかく、息子も気持ちよく使えました。」

  • 琉水亭はなびさん オススメ

    英語落語家・ラジオパーソナリティー

    琉水亭はなびさん オススメ

    「たくさんお気に入りがありました!」と楽しそうにお話しくださったは琉水亭はなびさん。まずはセルグレース スキンヴェール デイセラム。「美容液みたいなつけ心地ですごくいい!伸びが良くてつけた感じも軽くて、もうこれはリピート決定!」

  • 垣内彩未さん オススメ

    モデル

    垣内彩未さん オススメ

    ナリス 薬用 ピュアーチェリップケア スティックは、家にお篭りする日にも重宝。「これは香りを感じないから、食事するときにも影響せず、とても使いやすいです」

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    手軽にケアできるので、ずぼらな方にもおすすめのアイテム。10分ほどマスクを付けていても密着感が高く、はがれにくいので、『ながら美容』のお供です。

  • 小谷実由さん オススメ

    モデル

    小谷実由さん オススメ

    美しさにも磨きをかけることも“休息”のひとつであると語る小谷さん。ゆっくりしたひとときを過ごすのにピッタリなアイテムをご紹介。

  • 成田美穂さん オススメ

    ナリス化粧品 執行役員 研究開発部 フェロー

    成田美穂さん オススメ

    成田さんが研究開発チームの一員として開発したセルグレース。クリームはオレンジ色のクリームと乳白色のクリームの二層式になっていて、納得のいくできあがりになったと思います。

  • 中島沙希さん オススメ

    モデル

    中島沙希さん オススメ

    中島さんのお気に入りアイテムはマジェスタのマッサージングパック。「マッサージしながらパックまでできるのがいいですね。余分なものを取り除き、肌をまっさらにしてくれる感覚があります」

  • 狩野玲子さん オススメ

    ショコラティエ

    狩野玲子さん オススメ

    ふきとり化粧水は初体験という狩野玲子さん。使用してみて、「余分なものは取り除き、必要なものを与える」というナリスが提案する美容理論も「納得!」とご満足いただきました。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのアンティミリ Wオイルイン クリーム。肌になじませると、つぶ状の美容オイルが溢れ出てなめらかな感触に変化するクリーム。

  • 吉田真子さん オススメ

    杜氏

    吉田真子さん オススメ

    酒造りが始まる10月から半年間は睡眠不足になりがちな上に冬場の乾燥も気になるという吉田真子さん。クリームインミルクは「時短でお手入れができる!」と気に入ってくださいました。

  • 春のカラーメークアップアイテム

    スタッフおすすめ

    春のカラーメークアップアイテム

    春のはじまりを予感させる、凛々しい眉と赤みのある目元のブラウンレッドがメインのヌーディーメークをご紹介。メインになるパーツ以外は引き算するのがポイント。

  • 見野大介さん オススメ

    陶芸家

    見野大介さん オススメ

    見野さんのお気に入りアイテムは、アウラスシリーズ。本格的なスキンケアはほぼ初めてとのことでしたが、「香りが気にならないので使いやすい」と気に入ってくださいました。

  • 渡辺安樹子さん オススメ

    フラワーショップ farver

    渡辺安樹子さん オススメ

    アトデリエのスキンケアシリーズを娘さんと共有で使ってスキンケアタイムを過ごす渡辺さん。顔だけでなく全身に使用でき、お肌にやさしいのが嬉しいポイント。

  • 榊萌美さん オススメ

    『五穀祭菓をかの』6代目女将

    榊萌美さん オススメ

    榊さんのオススメは、Vietaのスタイリングフレーム リキッドアイライナーのブラウン。榊さんの“イキイキとした美しさ”の秘密とは。

  • クミンさん オススメ

    友安製作所 広報

    クミンさん オススメ

    アウトドア派のクミンさんが惹かれたアイテムは、アミュルテのスキンベール BB。これ一本で紫外線予防だけでなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。

  • 加藤順子さん オススメ

    歯科医・モデル・クリエイティブディレクター

    加藤順子さん オススメ

    加藤さんにオススメしていただいたのは、Vieta スタイリングフレーム アイブロウパウダー 02。凛とした加藤さんの魅力を引き出すポイントメークについてご紹介。

  • マッサージにおすすめのアイテム

    スタッフおすすめ

    マッサージにおすすめのアイテム

    "Dear my hand vol.03"では、顔のむくみを解消させるマッサージ方法をご紹介。マッサージと同時にパックができる、マッサージングパックの使用がおすすめ。

  • 長尾悦美さん オススメ

    ファッションクリエイティブディレクター

    長尾悦美さん オススメ

    長尾さんが記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタ。確立したセンスを持つ長尾さんの美しさを支えるスキンケアとは。

  • 森直子さん オススメ

    花作家

    森直子さん オススメ

    森さんのオススメは、バラエキスにこだわったアッサンブラージュのシャンプーとトリートメント。「生バラの香りがする!」と花作家の森さんにも好評のアイテム。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのナリス 薬用ボディパウダー。ポンポンするだけでサラサラ素肌へ。ベタつく汗による肌荒れを防ぎたい人におすすめ。

  • 高松美代子さん オススメ

    競輪選手

    高松美代子さん オススメ

    ナリス化粧品の製品には昔からなじみがあったと語る高松さん。記事内でオススメしていただいたのは、マジェスタのクリーム。

  • ○間-MA-さん オススメ

    日本茶空間

    ○間-MA-さん オススメ

    平田さんが記事内でオススメしていただいたのは、ルクエシリーズ。使用した瞬間からオドロキがあったそう。

  • 秋元里奈さん オススメ

    産直通販サイト「食べチョク」代表

    秋元里奈さん オススメ

    毎日忙しく、つい美容を怠りがちと語る秋元さん。そんな秋元さんがオススメする保湿アイテムをご紹介。

  • 寺田有希さん オススメ

    ベンチャー女優

    寺田有希さん オススメ

    昔から乾燥しやすいのが悩みという寺田さんのおすすめは、マジェスタシリーズ。ポイントはラインでの使い心地よさを感じたところ。

  • スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめ

    スタッフ愛用の推しアイテム

    スタッフおすすめのルクエ ジェルウォッシュ。ジェルパックのようなみずみずしい使用感で心地よく、洗顔料だからもちろん汚れもオフできる一石二鳥アイテム。

Produced by

close