019

2022.06.28

How to hand care

FEATURE

スキンケア前のハンドケア

How to hand care

Dear my hand vol.02

手と向き合うことは、美しさと向き合うこと。
前回の記事では、手と向き合う大切さについてお話しました。
今回はスキンケアをする前の基本のハンドケア、
保湿方法と手を温めるための簡単なマッサージ方法をご紹介します。

保湿は「こまめ」に、一番気になるところから

手の保湿で一番大切なのは、ハンドクリームなどを「こまめ」に塗ること。
乾燥に気付いてから、たっぷりとクリームを塗っても、角層まで浸透しきれなければ逆にベタついてしまい、ケアにネガティブな印象すら抱いてしまうこともあります。

さらに、一度にたくさん塗るよりも、こまめに浸透しやすい量を塗る方が良く、一番気になるところからクリームを乗せ、たっぷりケアしましょう。

ハンドクリームを塗るHOW TO

1:乾燥が気になるところにハンドクリームを点置き

クリームを置く場所は、手の中で一番気になるところに。
指先や爪周りの乾燥が気になる方は、指先に点置き。
手の甲の乾燥が気になる方は、手の甲に直接クリームを乗せる。

乾燥が気になるところにハンドクリームを点置き

2:気になる部分同士を擦り合わせて、ハンドクリームをなじませる

気になる部分同士を擦り合わせて、ハンドクリームをなじませる

3:なじんだら掌(てのひら)で全体に広げる

保湿が足りなければ、クリームを補充。
一回の量を決めるより、その時のお肌の乾燥具合によって、クリームの量を変えてみてくださいね。
この塗り方は、掌(てのひら)があまりべたつかないので、次の作業にも移りやすいのです。

なじんだら掌(てのひら)で全体に広げる

Recommended Item

スペシャルボーテ 薬用ホワイトハンドジェルクリーム UV
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ美白ケアと、紫外線もカットできるジェルタイプのハンドクリーム。軽いテクスチャーでベタつきにくいのもうれしい。

スペシャルボーテ 薬用ホワイトハンドジェルクリーム UV
1,320円(税込) 50g
医薬部外品(販売名:薬用ハンドクリームW5 a)

温かい手で肌に触れることは、自分へのやさしさ

エステティシャンは冷たい手でお客様に触れないために、
施術前には手を温めておくことが基本の基。

それは自分の肌に触れる時でも同じこと。

温かい手で肌に触れると心も落ち着き、
使用する化粧品の浸透率だってぐんと上がります。

手を温めるHOW TO

1:虎口(ここう)という人差し指と親指の間にあるツボを押し、掴んで離す

グリグリと10秒ほど押してから、3秒ほどギュッと掴んでパッと離します。

虎口(ここう)という人差し指と親指の間にあるツボを押し、掴んで離す

2:指間穴(しかんけつ)という指の付け根のツボを押し、引っ張る

指間穴(しかんけつ)は手の甲側の人差し指から小指の指と指の間の付け根にあるツボ。
同じくグリグリと10秒ほど押さえ、最後に3秒ほどギュッと掴んでパッと離します。

じんわりと掌が温かくなるのを感じることができるはず。
夏場のクーラーなどで、手先が冷えやすい方にもおすすめです。

指間穴(しかんけつ)という指の付け根のツボを押し、引っ張る

毎日一生懸命、自分と大事な人たちのために頑張ってくれている手。
「今日もありがとう」「明日もよろしく」という気持ちは、自分とその手の間であっても、必ず伝わるもの。
今日の労をねぎらう気持ちでお手入れをしてみてはいかがでしょうか。
温かく柔らかい手で、自分のお肌をやさしくケアしてみてあげてくださいね。


次回は、顔のむくみを解消させるマッサージ法をレクチャーします。

手のケア
Follow us on :

Credit

One-piece 52,800yen / TELA(T-SQUARE PRESS ROOM)

Shop Info:
T-SQUARE PRESS ROOM 03-5770-7068

Staff

Model:Maiki Kimura
Photographer : Yui Fujii
Hair&Make-up:Cocoro Yusa
Stylist:Mana Takizawa
Editor : Haruyo Sugie (Roaster)
Director : Sayaka Maeda (FLAP,inc.)